高校生ふれあい看護体験2018

公開日 2018年07月30日

7月26日木曜日、高校生ふれあい看護体験を実施しました。

最初に、石川看護局長より当院の歴史や「強くて優しい病院」とはどんな病院であるのかについて、

また、看護は人と関わる仕事でありコミュニケ-ションがとても大切であるというお話がありました。

次に、屋上のヘリポートに移動しフライトドクターやフライトナースと一緒にドクターヘリを間近で見学したり乗ったりしました。

その後、グループに分かれて実際に病棟で看護体験を行いました。

血圧測定や心電図モニターの装着、また実際に入院患者さんの手を洗わせていただいたり足を洗わせていただきました。

患者さんが笑顔で「ありがとう」と言ってくれたことがすごくうれしかったと高校生の感想をいただきました。

グループワークでは、体験を通して改めて、人の命の大切さ、看護をする大変さを実感することができました、この経験を通してますます看護師になりたいと

思いました、など高校生から嬉しい感想を聞くことができ、私たち職員も元気をもらいました。

将来、いつか共に働ける日を楽しみにしています!高校生のみなさん夢に向かってがんばって下さい。

ふれあい看護体験1ふれあい看護2ふれあい看護体験3

ふれあい看護体験4ふれあい看護体験5ふれあい看護体験9

ふれあい看護体験7ふれあい看護体験6ふれあい看護体験6