第61回外傷外科手術治療戦略コース(SSTT)が開催されました!

公開日 2019年09月25日

令和元年9月22日(日)、当院で第61回外傷外科手術治療戦略コース(SSTT)が開催され、当院からは、医師3名、看護師16名(ER・手術室・ICU・4階病棟の看護師)の参加者がありました。

他施設からも9名の参加があり、合計28名でした。

外傷外科手術治療戦略コース(SSTT)は、外傷外科手術に必要な基本的外傷外科手術手技を習得するとともに、外傷外科手術チームを養成するコースです。

SSTTとは、迅速性と適格性(Speed&Suitability)・戦術(Strategy)・戦略(Tactics)・チームワーク(Teamwork)のことです。

このコースに参加し、重症外傷患者手術に対してどのような治療戦略で臨み、どのように戦術(術式)を決定していくのか、シミュレーションを用いて学ぶことができました。

また、外傷外科の特殊性を学習し、救命のための治療戦術の組み立てを医師、看護師目線で学ぶことが出来ました。

g2 g3 gg4

gの5 g6